忍者ブログ
TWのPBWシルバーレインに参加している光狩・鎌夜の日記です。 興味の無い方は(といってもほとんどの方でしょうが)回れ右を推奨ですよ?
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


~本業能力『聖杯探索』による三点観測法で特定されうる場所~

 春であるにも関わらず、その湖には、一本の「氷の道」が生じていた。
 そしてその道の上では、激しい戦禍が巻き起こっていた。
 氷の道を行く全身甲冑の騎士を取り囲むように襲い来る、緑色の液体怪物達。
 だが怪物達は、騎士がその詠唱兵器を振るう度に、次々と蒸発してゆく。

「無駄だ、『御神渡り(おみわたり)』も知らぬ貴様等異形に、俺は止められぬ!」
 裂帛の叫びと共に次々と異形を消滅させる騎士が、その時、ふと、足を止めた。
 背後を振り返ると、ひとりの少年が、騎士の後ろから、氷の道を歩いてきていたのだ。

『御神渡り。一般にはこの湖に氷が覆われる事によって生じる、ただの自然現象として知られる』
『だが真実は違う。御神渡りとは、かつて聖者がこの湖上に創造した、聖なる巡礼路の事を指す』
『聖者とは君の祖先の事だ、巡礼士総帥ランドルフ』

「知識を並べて悦に入るのが望みか? それとも、我と戦い灰燼と帰すのが望みか?」
 詠唱兵器を構え直すランドルフに、少年はかぶりを振る。
『知識も戦いも、所詮は真理の表層に過ぎない。真理を伴わぬ行為に意味などない。ランドルフよ、僕は君を諫めに来たんだ』
「貴様の戯言が、聖杯の導きに勝る理由など無い! そして知れ! ≪世界を救う≫以上の大義など、この世には存在しない!」
『この宇宙にとって最も自然な存在はゴーストだ。来訪者と能力者がそれに次ぐ。これらの種を滅ぼし、宇宙で最も不自然な、加護無しには生存すらできぬ脆弱な種を存続させる行為を≪世界を救う≫とは呼ばない。君のやっているのはただの≪侵略≫だ。大義でも何でもない』
「貴様は最早人では無いな? ならば貴様も滅ぼす! 覚悟せよ!」

『それは断る。何の益も無い』
 ランドルフが一撃を放とうとした刹那、少年の姿は突如掻き消えた。
 ランドルフは尚も少年を探そうとするが、聖杯の共鳴に引かれて考えを改め、御神渡りを再開する。
 氷の道はやがて湖底を貫き、緑色の液体で覆われた地底を貫いていた。
 ランドルフは、御神渡りによって穿たれたトンネルを通り、地下深くへと潜ってゆく……。

PR
背後:さて、久しぶりに近況報告と思ったのだが、鎌夜?
鎌夜:なんでしょうか? 背後様
今は静寂な鎌夜の自室
しかし少し前にはその中で彼を知るものがいたら驚くような光景が繰り広げられていた
さて、シャトンとの外出をSSにしてみました
とは言え、本当に久しぶりに筆を取ったのでやや精彩に欠ける部分が多いとも思いますが……

とても楽しい一日になりました。また一緒に何処かに出かけたいものです

鎌夜:え~……、なんと言うか義妹ができました
背後:君には勿体無いぐらいの良い子だね。一体なにがあったんだい?
鎌夜:おや、背後様。まぁ、巡り合わせが良かった。としか……
背後:女装趣味の精神崩壊した胡散臭い人物が巡り合せと言ってもねぇ……
鎌夜:否定はしませんが……これからは義妹の為に精進しますよ
背後:ふむ、それならば少し期待してみようか。ただ、彼女に君の家族を重ねる事はしないことだ。それは君だけでなく彼女のためにもならない
鎌夜:それは承知しています。私の家族は皆事故で居なくなってしまってますからね
背後:なら、今度は、しっかり守ることだ。今の君になら出来るだろう
鎌夜:そうですね。今度は失わないように努めを果たしたいと思います
背後:そんなに硬く考えなくても良いんじゃないかい? 自然に接していれば大丈夫だろう
鎌夜:……そうですね。彼女は私の新しい家族なんですから
背後:では、君と君の義妹の未来に幸があるといいね。私もそれを願っているよ
鎌夜:ありがとうございます。背後様にそう言ってもらえるなら大丈夫だと思いますよ。では私はこれにて
背後:頑張る事だ。君はもう、私の手を離れつつある。私は君を見守る事にするよ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
光狩・鎌夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター